ザ・ムービーフリーク・モノローグ

過去作を中心に映画の記事を書いていきます。投稿リクエスト募集中です!

レイジング・ブル Raging Bull

89点

レイジング・ブル
1980年

監督 マーティン・スコセッシ
出演 ロバート・デ・ニーロジョー・ペシ、キャシー・モリアーティ、フランク・ヴィンセント
上映時間 129分

 



f:id:hopes_judgement:20170614200817j:image

 

 

1940年代アメリカで活躍したボクサー、元ミドル級世界王者のジェイク・ラモッタの半生を綴った映画。

 

常に前に出る攻撃的なボクシングスタイルで、ジェイクはデビュー以来破竹の勢いで勝ち星を重ねていく。マネジメントを任せている弟のジョーイには、時に言い合いになりながらも全幅の信頼を寄せていた。若く美しい女性を妻に迎え、順調に見えたボクシングキャリアだったが、賭けボクシングを牛耳るマフィアにジェイクは目をつけられる。ジェイクはマフィアを嫌っていたが、ボクシング業界において大きな権力を有しているマフィアとの関係は避けて通れなかった。葛藤の中で時に涙を流しながらも、ついに世界王座への挑戦権を獲得する。

 

この映画は、苦労を重ねてスターダムにのしあがっていく所にカタルシスがあるのは勿論だが、何よりジェイク・ラモッタと言う一人の男の人間模様に見所がある。 『怒れる牡牛』と称されたボクシングスタイル同様、一歩も引かない性格で常に周りと衝突を起こし、時に粗暴と言える程暴れ倒す。それが相手を傷つけ、結果的に自分を傷つける。一見ただの暴れん坊だが、実際は非常に繊細で不器用で、純粋な男でもあるのだ。

正に『ボクサー』と言う言葉が似合いすぎるジェイク・ラモッタの、人間的な深みを主演のロバート・デ・ニーロが最高の演技で魅せている。その演技でアカデミー主演男優賞を受賞。弟ジョーイ役のジョー・ペシとは、この映画の後、名コンビとして多くの名作で共演している。

 

映画ではボクシングで栄光を築き引退するまで、そしてその後スタンドアップコメディアンとして活動するまでの様子を描く。

 

ちなみにジェイク・ラモッタは、史上最高のボクサーとして有名なシュガーレイ・ロビンソンが初めて負けた相手である。それまで40連勝中だった全盛期のシュガーレイ・ロビンソンに、はじめての敗戦を突きつけた。その後も何度となく歴史に残る名勝負を繰り広げている。

 

そんなジェイクは現在、御年95歳でご存命である。