ザ・ムービーフリーク・モノローグ

過去作を中心に映画の記事を書いていきます。投稿リクエスト募集中です!

悪の法則 The Counselor

92点

悪の法則

2013年

監督 リドリー・スコット
出演 マイケル・ファスベンダーペネロペ・クルスキャメロン・ディアスハビエル・バルデムブラッド・ピット
上映時間 117分

 

 

f:id:hopes_judgement:20170614194329j:image

 

ふとした事を切っ掛けに裏社会に足を踏み入れた弁護士が、次第に裏社会の法則に支配されていく物語。

 

様々な伏線が張られているにも関わらず、主人公は警告の本質を全く理解せず欲に駆られ、悪の法則に乗っ取られていく様子は言葉では言い表せない程悲惨です。

出演者の演技は鬼気迫るものがあり、特に冷徹でしたたかな役回りのキャメロン・ディアスの演技にはカリスマ性を感じます。

 

この映画に謎解きの要素はあまりなく、冷酷に進んでいく決まり事の中で、それぞれの身の振り方や人間模様、そしてその末路を描いた人間ドラマになっています。哲学的な要素を含んだ会話も多く、日常に潜む無情さを考えさせられる映画です。『ボリード』 と言うある『物』が非常に印象的。評価は賛否別れそうですが、個人的には大絶賛。

 

グッドフェローズ Goodfellas

98点

グッドフェローズ 
1990年

監督 マーティン・スコセッシ
出演 レイ・リオッタジョー・ペシロバート・デ・ニーロ、ロレイン・ブラッコ、ポール・ソルヴィノ、フランク・シベロ、フランク・ヴィンセント、サミュエル・L・ジャクソン
上映時間 145分


f:id:hopes_judgement:20170613021851j:image

 

マイベストギャング映画。1950~80年代頃のニューヨークを舞台に活躍したギャング達の映画です。

 

実話を基にしていて主役のレイ・リオッタが演じるヘンリーヒルも実在の人物。

暴力描写やギャングのハスリングをリアルに描きながらも、ポピュラーな洋楽BGMとの調和で映し出す独特な世界観は、スコセッシならでは。2時間半近くの長尺もあっという間。

どの役も魅力的ですが、特にトミー役のジョー・ペシが最高です。非常に感情的で暴力的なギャングを見事に演じきり、この映画でアカデミー助演男優賞を受賞してます。

名台詞は『funny how?』